ひとりごと

10代の女の子、語彙力なし

三つ編み

どうしてこうも私の顔はこんなにだめだめなのかな〜。メイクもしてるはずなのに、ぶすじゃん?何度鏡見てもぶすじゃん?自撮りしてみようって思ってカメラ向けてもぶすじゃん?くそ〜、可愛くなりたいとか思う事自体がそもそも間違ってんのかな〜。メイクって可愛くなるために、自分に自信を持つためにあると思ってたけど、全然そんなことないんだけど。むしろ、メイクしたのになんでこんな顔なの?😡ってなって、病む。なんか思ったより自分の闇深いわ。まあ、のっとメンヘラだけどね。

 

可愛い女の子の顔をぺたぺた触りたい衝動に駆られてどうしようもない。今までは、かっこいい男の子(勝利くんとか流星くんみたいな整った人限定)の顔をとりあえず触ってみたいって割と本気で思ってた。全然自分と同じ人間とは思えなかったし、整いすぎて全部作り物な気がしてちゃんと生きてる物なのか確かめたかったのもあって。(←なんかいろいろやばい)その感情は、女の子には湧かなかったのよね。一応まだ可愛い女の子も自分と同じ人間だって思えてたから。でも、なんか今はもう自分があまりにも可愛くないから、同じ人間だなんて思えなくて、とりあえず触りたい。見るだけじゃ足りなくて、可愛い女の子の顔を触って、その可愛さを目だけじゃなくて直接触れて感じたくなってきた。まずどうしても触りたいのは、来夢ちゃんかな。というか、そもそも本当に存在してるのか確かめたい。あんなに尊い存在ないよ。この世に存在するどの言葉も来夢ちゃんの可愛さに追いついてないから、もう言葉にするのは不可能。とにかく見ろ、って感じだよね。もちろんそこまで神聖な存在だから、安易に触れることはできないけど、可愛い子の顔を触る事が許されたなら、まずは来夢ちゃんに触るよね。あ〜、可愛い女の子の顔を触りたくてうずうずする。(←そろそろ本当にやばい奴)

 

別に私は1人になることを望んでるわけじゃない。人並みに友達は欲しい。人並みに友達と遊びたい。人並みに恋もしてみたい。友達がいないのは、私が自らそれを選んでるんだって思い込んで、私の人との関わりのなさをどうにか肯定しようと試みたけど、無理。だって、人との関わりのなさのレベルが酷すぎる。引きこもりじゃないのに、引きこもりレベルに社会との繋がりがない気がする。こういうのって解決方法がわからない。誰かに相談したところで、友達がいる人にはこの悩みはわかってもらえないし、解決策を教えてもらえるわけじゃないからな。死にてえ、死にてえ。

自分の悪いところばかりに目を向けて、病む一方だから、今日はご飯食べて、お風呂入って、早急に寝よう。いつかの靖子ちゃんのキャスで「死にたくなったらどうしたらいい?」みたいなコメントに対して靖子ちゃんが寝ろ!みたいなこと言ってたから、今日はもう早く寝よう。