読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

10代の女の子、語彙力なし

私は、青春をアイドルに捧げ過ぎている(仮)

小6?くらいからじゃにおた始めて、それから私の青春の全てをジャニーズに捧げて、ジャニーズを通して青春を疑似体験して、去年の夏に未来くんに出会ってからはジャニーズとバイバイ👋🏻して、未来くんに私史上最大の愛を注いでるんだけど。いつからか私にとってアイドルって無くてはならない存在で、友達がいなくて、世間的な青春?みたいなのは全然味わえない私にとってはアイドルが青春って思える。

未来くんに出会ってからは、メイクするようになって、現場でお友達できて、何回も現場行けて、お友達ともいろいろお話できて、本当に本当に今すごく楽しいの!!!😇私のおたく人生の中で今が1番!って言いたいくらい。去年の夏くらいの学校とも親ともうまくいかなくてすごく病んでた時に比べたら100億倍今の私は明るくて元気なの!🙌🏻

だから、断然あの時より今の方がわたしが周りに振りまくオーラってのはプラスのものかなって思ってたし、それによって誰かが幸せになれるとまでは全く思ってないけど、親くらいは娘が元気そうでいい👍🏻くらいの印象は与えられてるって思ってた。

でも、今日何気ない親との会話からすると、私がイベントに通って、おたくとわちゃわちゃしてるのはあんまり良く思ってないってことがわかった。母に、おたくの友達は無くてもいいものでしょ。って言われてすごく悲しかった。

確かに、私学校には友達いなくて、最近は1人でお昼食べるし、誰とも話さないでお家に帰ることもある。母が望むような高校生に私はなれてないよ。でも、人との出会いとか繋がりに無くてもいいものなんて1つも無いと思うんだけど。どんな出会いも繋がりもすごく貴重でかけがえのないものだと思うんだけどな〜。

まあ、周りからどう思われようと、私は自分の好きには素直に生きたいからおたくやめないけどね。無理して学校で友達作ろうともしないし。いつだって私は私。