読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

10代の女の子、語彙力なし

まとまらない、

 

 

未来くん、ソロライブは念願だったんだろうけど、増田胡桃ちゃんとしてじゃなくて、THE HOOPERSの未来としてのソロライブって、本意じゃないんだろうな〜って今更ながら思い始めた。辛い。

 

イケメン女子っていうのに惚れて、自分の事しか考えてなかったから、本人の気持ちなんて何にも想像できてなかったな。あきらさんとかるうとさんとか、さつきさんみたいな自分で好きで男の子の格好してるのはさ、全然いいのよ。でも、ふーぱーずって、ようはやらされてるわけじゃん?もちろん本人たちだって、ボーイッシュってコンセプトだから、普通の可愛いアイドルとは違って、スカートも履けないし、常に男の子っぽさを装わなきゃいけないくて、しかも風男塾と違ってプライベートまでイケメン女子じゃなきゃいけないっていういろんな制限があるってことを、受け入れて、それなりの覚悟があってやってるんだろうけどさ。でも、やっぱりそれってメンバーみんなのこと縛り付けてる訳だし、すごい無理させてるんだよね。それ考えると、本当に辛くて、どうしようもないんだよね。なんで女の子が自分の意思とは反して、男の子の格好しなきゃいけないんだよ!って。完全に矛盾してるんだけど、

なんていうか、ふーぱーずを卒業することがメンバーみんなにとって1番幸せなんじゃないか、って思う。今までのいろんな制限から解放されるからね。

未来くん、星波くん、陽稀くん、麻琴くん、泉貴くん、佑妃くん、つばさくん、千知くん、がいて、ふーぱーずっていうグループができたおかげで、すごく楽しいし、たくさんの幸せもらえたのは事実なんだけど、ファンが幸せになればなるほど、メンバーは苦しんでたのかなって。みんなのこと大好きだからこそ、アイドル、しかも、イケメン女子なんて特殊なお仕事して、苦しくて辛くてきつい経験なんてして欲しくなかった。まあ、そのお仕事がなければ存在を知ることすらなかったんだけどね。

 

ファンの前ではどんなに辛いこととか悲しいことがあっても笑顔でいるのがアイドルなのはわかってる。そういうお仕事だもん。でも、あの時のあの笑顔の裏にはこんな想いがあったんだ、って後から知って、私そんなの全然察することなんてできなくて、自分の事しか考えてなかったじゃんって気づいて、大好きな人を支える力に少しでもなれてたらいいなあ、なんて思ってたのに、私は何にも力になれてない、むしろ無理させてたんだ、って思ってすごく辛くなる。

アイドル活動する事自体がメンバーみんなのこと苦しめてるんだろうなあ。本当はみんな楽しいなんて思ってないのかも、幸せじゃないのかも、、

 

土曜日の特典会でも、すごい無理させてたなあ…ごめんね?