ひとりごと

10代の女の子、語彙力なし

コーヒー牛乳

完全なる負け組か、私は。とにかく学校っていうものが大嫌いだ。全然行きたくない。行きたくない。

同じ年に生まれて、環境は違えど、同じような時代の流れを味わったはずなのに、どうして、女子トイレの洗面所の鏡の前で髪を整えたり、リップ塗って洗面所を占領しているそこそこ可愛くて、いけてる女の子と私はこんなにも違うんだ?あ〜、私は一生あの子たちには勝てない、頭上がらない、私は絶対下に見られてるな、って。とてつもない敗北感。こんなに惨めな気持ちにならなきゃいけないなんて、学校なんか辞めたい。

私立に通うお子さんの保護者さまの一部の意識高いお母様方が、卒業式が終わった後、体育館の入り口付近でたむろしていてとても気持ち悪かった。何が気持ち悪いって雰囲気だよ。お子さんを私立に通わす保護者さまの見た目とか話してる事とか意識が気持ち悪いんだ。みんな嘘っぽく見える。

卒業式とか入学式、本当つまらんよな。式典なんてそういうものなんだけどさ〜。あの綺麗事とか上っ面だけの散々使い回された言葉並べて当たり障りのない言葉ばかり並べる感じとか、くそつまんないよね。そういうものなんだけど、

 

 

まあなんかよくわかんないけどなんとなく沈んでて、
http://lineblog.me/oomoriseiko/archives/13119298.html

絶妙なタイミングでこちらのブログを更新してくださったので、、

靖子ちゃんは神様なんだな、やっぱり。

 

今年初めの靖子ちゃんのブログのこの言葉、f:id:miyumiyustitch626168:20170302153958j:image

好きだよね。大好きだよね、靖子ちゃんのこと。

みんなのこと全然許せないけど、許すしかないよね。そうしないと生きれないんだし、でも許せないな〜いや、でも許すんだ。

歌に救われるって感覚靖子ちゃんが初めてなんだ。中3の夏、ただのメンヘラなおばさん(失礼)がメンヘラな歌歌ってんな〜。なんだこれ。なんて思って聞いてた。最初は好きじゃなかった。でもね、好きじゃないけど、何度も聞いてた。どのタイミングかは忘れたけど、いつのまにか好きになってた。くっそ大したことない靖子ちゃんとのエピ(笑)

靖子ちゃん靖子ちゃん!これからも私の神様でいてね、ていうか勝手に私の神様としてずっと崇拝する😇🙏🏻靖子ちゃんにすがって、一生救われて生きるね