ひとりごと

10代の女の子、語彙力なし

ラザニア

小学生くらいの時は、周りにバカばっかりいたから、私もバカになれてたし、バカに慣れてた。そりゃ、まだ幼かったってのもあるけど、あの頃は単純に楽しかったよな〜と。今の私からは考えられないようなことを散々した。いやあ、バカだった。そのまま歳を重ねることができたらどんなによかったか。いや、それはそれで問題あるかもだけど(笑)なんていうか、その頃のバカさが今の私には一切なくて、あの頃はもっと楽に生きれてたのに、、ってついつい思ってしまう。今は頭を使い過ぎてるし、死にたいって思い過ぎてる。日々精神が削られてる感じしかしない。学校だって辞めたいとしか思わない。実際、義務教育じゃないんだから辞めるっていう選択肢自体はあるけど、まあ、選べるわけないよな。

 

本当に毎日死にたいって思ってるけど、よく考えてみたら、なんか嫌なことあると、すぐに死に繋げちゃう意識は小学生の頃からあったなって。嫌なことあると、ベランダから飛び降りること考えたり、手首切ろうと試みたり、、結局どれも頭の中で考えただけ。自殺未遂未遂みたいな(笑)昔から私にはメンヘラみがあったみたい(笑)だからなんだよって感じだけど。

 

髪染めたいし、耳に穴いっぱい開けたいし、、